平凡平均な30代・新米ママの「失敗」を紹介するブログ。

HSPに適職はあるの?職業を探してみた。

ライフ

「HSP(とても繊細な人)だから、今の仕事が合わないのかな?」

「HSPだから、合う仕事は存在しないのかな?」

そんなことはありません!!

世の中にはHSPでも自分に合った職業を見つけて、人生を楽しんでいる方がいっぱいいらっしゃいます。

今回は、HSPであるわたし自身が、適職を探してみた実例をご紹介します。

スポンサーリンク

まき子の失敗談

わたしは現在、地元の中小企業の経理事務をしています。
その前の職場では総務部で、主に人事・広報の仕事をしていました。

前の職場では「人間関係」に疲れ、退職。
今の職場でも「人間関係」に疲れていて、退職を考えています。

わたしがHSPという言葉を知ったのは、2019年のこと。

前の職場に就職するときも、
今の職場に就職するときも、
HSPという存在をまったく知りませんでした。

そのときに、自分がHSPだと分かっていたら・・・
学生時代に、自分がHSPだと分かっていたら・・・

自分の人生はもっと早くにラクになっていたかもしれません。

先日、精神科医の樺沢紫苑先生のYouTube動画をみました。

HSPの適職とは【精神科医・樺沢紫苑】

その中で、「HSPはあまり対人関係のない職場の方が合う」と語られていました。

また「繊細さんの本」を書かれたカウンセラーの武田友紀さんが紹介されていたので、気になって武田友紀さんのホームページをみてみたところ、

「HSPの適職の探し方」が掲載されていたのです!

と、いうわけで早速とりくんでみます!

HSPの適職の探し方

カウンセラー武田友紀さんによると、
想い・強み・環境の3条件が満たされるところに、HSPが幸せに活躍できる仕事=適職がある
https://sensaisan.jp/sd/osgt
HSP・繊細さん向け適職診断〜仕事に行き詰まりを感じたら
繊細さんやHSP(Highly Sensitive Person)の気質が強いひとは、ほかの多くのひとが耐えられる環境を辛く感じたりして、仕事に行き詰まりを感じたり、会社が耐えられないと思うことも多くあるようです。また、その悩みの原因が他のひとになかなか共感されず、苦しい思いをすることもあります。繊細の森もりばん・とう...
そうです。
そこで「想い」「強み」「環境」を一つ一つ自分自身に落としこんでみます。

HSPの適職の探し方「想い」

「想い」は「本当にやりたい仕事」に該当します。
やりたい仕事を探すワークが、武田友紀さんのホームページに掲載されていますので、手順に従って書き出してみます。
(3)「想い」やりたい仕事の探し方 | 繊細の森:HSPの仕事と生き方、人間関係
こんにちは、武田とうこです。「自分に合う仕事をしたい!」と望む人へ適職診断を行っています。   年間数百件のご相談を受けた経験から導き出した「適職をみつける方法」を連載しています。   ーーー <適職をみつける方法>  ...続きを読む
  • STEP1
    ・祖母の庭で青空をボーっと眺めていたこと
    ・弟の友達に紙芝居を読み聞かせしたこと
    ・勉強しながら好きな音楽を聞けたこと
    ・徹夜でアニメを見たこと
    ・徹夜でゲームをしたこと
    ・大学に入って、優しい人たちに出会えたこと
    ・秋葉原でメイド服のコスプレをして、知らない人にほめられたこと
    ・前の職場で、色々な現場でヒアリングや現場の体験をしたこと
    ・今の職場で、大量の伝票入力を集中して行い、データの残高と現預金の残高が一致したこと
    ・ゴスペルのライブをしたこと
    ・フランスに旅行したこと
  • STEP2
    ・ひとりで集中している
    ・他者が喜ぶことを提供する
    ・自分が知らない世界を知る
  • STEP3
    ・在宅ワーク、リモートワーク
    ・自分が知らない世界の人と浅く関わり、情報発信する

HSPの適職の探し方「強み」

続いて、「強み」

強みとは

周囲の人と比べて自分だけがずばぬけてできること。生まれつき得意なこと
https://sensaisan.jp/archives/3861

自分にとっては当たり前すぎて、すごさがわからないもの

https://sensaisan.jp/archives/3861

だそうです。

(4)「強み」強みを活かせる仕事の探し方 | 繊細の森:HSPの仕事と生き方、人間関係
こんにちは、武田とうこです。「自分に合う仕事をしたい!」と望む人へ適職診断を行っています。   年間数百件のご相談を受けた経験から導き出した「適職をみつける方法」を連載しています。   ーーー <適職をみつける方法>  ...続きを読む

 

それではさっそく、整理します。

  • STEP1
    ・文章を書くこと
    ・気が利く、優しい
    ・他人のために頑張る
    ・聞き上手
    ・素直
    ・新しいこと、面白いことを情報収集
    ・上記を好きそうな人に報告する
    ・ある程度決められた時間に決められたことができる
    ・トラブルの原因を探すときに頼られる
  • STEP2
    ・他者のために行動できる

 

HSPの適職の探し方「環境」

いよいよ最後「環境」です。

環境は

働く環境が自分に合っているか?

https://sensaisan.jp/archives/3876

ということを整理していきます。

(5)「外的条件」働きやすい環境をしっかり選ぶ | 繊細の森:HSPの仕事と生き方、人間関係
こんにちは、武田とうこです。「自分に合う仕事をしたい!」と望む人へ適職診断を行っています。   年間数百件のご相談を受けた経験から導き出した「適職をみつける方法」を連載しています。   ーーー <適職をみつける方法>  ...続きを読む
  • STEP1
    ・同じ他者と長い時間一緒に働かない
    ・ひとりで集中できる
    ・好きな音楽や動画鑑賞、読書を自由にできる
    ・時々違う場所で仕事できる

 

HSPの適職の探し方「想い」「強み」「環境」が重なる部分

以上の3つ、「想い」「強み」「環境」が重なる部分が、「適職」となるそうです。

わたしの場合は
「想い」・・・自分が知らない世界の人と浅く関わり、情報発信したい
「強み」・・・他者のために行動できる
「環境」・・・パーソナルスペースである
だということがわかりました。

 

まき子
まき子

でも、具体的にどんな職業が存在するか分からないですよね?一般的にHSPに合うといわれている職業から、「想い」「強み」「環境」を満たす職業をピックアップしていきましょう!



主なHSPの適職

では具体的にHSPの適職として、よく紹介されている職業をお伝えします。

こちらのサイトさんや

繊細な人(HSP)に向いてる仕事21選【向いてない仕事も解説】
繊細な人に向いてる仕事を知りたくありませんか?この記事では、繊細な人に向いてる仕事と向いてない仕事の解説、強み…

こちらのサイトさんにたくさん紹介されていました。

【HSPに向いてる職業大百科】適職がこんなに!?お仕事サンプル集|HSP専門サイト「HSPちゃんねる」
HSPに向いてる仕事は、実はものすごくたくさん、しかも多岐にわたってあります。 HSPの特性は人それぞれ異なりますし、そ

こちらのサイトさんも、少しマニアックな職業が紹介されていましたよ。

HSPの仕事探し・適職22選&才能|発達障害・アスペ、ADHD、ASDと類似
過度に繊細な感性を持つHSPの適職、仕事探しについて解説。またHSPの持つ才能が何かについても具体的に言及。自閉症、発達障害、ADHDが持つ感覚過敏との類似についても検証しています。

上記サイトさんで共通している職業は、

HSPの適職
  • 人の役に立つ仕事
  • 動物と関わる仕事
  • 自分のペースでできる仕事
  • 芸術系の仕事

だそうです。

まき子
まき子

わたしの場合は、「在宅ワーカー」「ライター」「ブロガー」「カウンセラー」「セラピスト」「清掃員」が適職なのかなと思いました!



まとめ

  • HSPでも適職は存在する!
  • 武田友紀さんのサイトで適職を探すワークができます
  • 一般的にHSPに合うといわれる職業から、自分にピッタリの職業をみつけてみよう!
まき子
まき子

生きていくには、どうしてもお金は必要。それなら、長~く、無理なく働ける方が絶対イイ!ご自分だけの適職を探してみてくださいね!


コメント

タイトルとURLをコピーしました